ミルネスダイナーでは低糖質商品など健康な食生活のお手伝いをする商品を取り扱っています

トップページ > 江部康二医師特集ページ

基本
基本
糖質制限食の基本的な考え方

糖質制限食の基本的な考え方は、できるだけ糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐというものです。簡単に言えば、主食を抜いておかずばかり食べるというイメージになります。

基本
どのような糖質を制限すればいいのか?

米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のものです。

基本

基本
糖質を制限すれば、カロリーは関係ない?

糖質制限食は、カロリー無制限ということではありません。日本糖尿病学会の推奨するような厳しいカロリー制限は必要ありませんが、「日本人の食事摂取基準」の推定エネルギー必要量(一日あたり)くらいが目安です。
※ 詳しくは解説されたページをご覧ください。

基本
どれぐらい糖質を制限すればいいの?

現在、糖質制限食には以下の4つのパターンがあります。
おすすめは1食の糖質20g以下の「スーパー糖質制限食」です。

さらに詳しく糖質制限食を知りたい方はこちら↓

糖尿病の方はこちら それ以外の方
LOW CARB 糖質制限食のパターン

※抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類などの炭水化物。 ※炭水化物=糖質+食物繊維

基本
スーパー糖質制限食

三食とも主食なし。効果は抜群で早く、一番のお薦め。
1回の食事の糖質量は20g以下。

基本
スタンダード糖質制限食

夕食は主食抜き。 朝と昼のどちらか一回主食あり。朝と昼のどちらか1回は、食事の糖質量は40g程度。他の2回は糖質量20g以下。

基本
プチ糖質制限食

夕食だけ主食抜き。朝と昼の食事の糖質量は40g程度。
夕食は糖質量20g以下。

基本
緩やかな糖質制限食

1回の食事の糖質量が40g程度。

糖質制限食を始めよう! あなたはどのタイプ?

TYPE1 スーパー糖質制限食

とにかく結果を出したい

主食やスイーツなど糖質を断つ決意がある

TYPE2 スタンダード糖質制限食

1日1食は主食を摂りたい

お付き合いなどの会食が多く、3食主食無しは難しい

TYPE3 プチ糖質制限食

まずは手軽に糖質制限食をチャレンジしてみたい

夕食だけなら主食を我慢できそうだ

TYPE4 緩やかな糖質制限食

3食とも少量で良いので主食は摂りたい

結果はスローペースでもいいのでゆるく糖質制限食を続けたい

江部 康二 医師 ご紹介

えべ こうじ
江部 康二 医師
一般財団法人高雄病院 理事長
一般社団法人日本糖質制限医療推進協会 理事長

< プロフィール >

  • 1950年生まれ。
  • 1974年京都大学医学部卒業。
  • 1974年から京都大学胸部疾患研究所第一内科(現在京大呼吸器内科)にて呼吸器科を学ぶ。
  • 1978年から高雄病院に医局長として勤務。1996年副院長就任。
  • 1999年高雄病院に糖質制限食導入。
  • 2000年理事長就任。
  • 2001年から糖質制限食に本格的に取り組む。
  • 2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を注ぎ、「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。
  • 内科医/漢方医/一般財団法人高雄病院理事長/
  • 一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長

< 著書 >

  • 「主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版」2014年(東洋経済新報社)
  • 「人類最強の「糖質制限」論~ケトン体を味方にして痩せる、健康になる」2016年(SB新書)
  • 「江部康二の糖質制限革命』2017年(東洋経済新報社)
  • 「内臓脂肪がストンと落ちる食事術』2019年(ダイヤモンド社)
  • 「名医が考えた認知症にならない最強の食事術」2020年(宝島社)など多数。
  • ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記(http://koujiebe.blog95.fc2.com/)」は日に数千件のアクセスがあり、糖尿病のかたやそのご家族から寄せられた質問への回答や、糖尿病・糖質制限食に関する 情報の発信に、日々尽力している。

江部先生ブログ 糖質制限医療推進協会


ページトップヘPAGE TOP